読書どくしょ  
  

タイトル

  

日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。    日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。   日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。 日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。  日本、アメリカ、それに中国と韓国の高校生のうち、「自分はダメな人間だと思うことがある」と答えた割合が、日本は7割を超えて最も高いなど、自己肯定感が低い傾向があることが、国立青少年教育振興機構の調査で分かりました。 この調査は、国立青少年教育振興機構がアメリカと中国、韓国の研究機関などと協力して高校生を対象に行ったもので、合わせて7761人から回答を得ました。 この中で、「自分はダメな人間だと思うことがある」かどうか尋ねたところ、「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた高校生の割合が、日本は72.5%、中国は56.4%、アメリカは45.1%、韓国は35.2%と、日本が最も高くなりました。 また、「人並みの能力がある」と答えた高校生は、中国とアメリカはおよそ9割に上り、韓国も7割近くを占めましたが、日本は55.7%でした。 このほか、「友だちがたくさんいる」「勉強が得意なほうだ」「体力に自信がある」といった項目で「そう思う」と答えた割合が、日本はいずれも4か国の中で最も低く、自己肯定感が低い傾向が見られました。 国立青少年教育振興機構の明石要一研究センター長は、「日本の家庭や学校では、幼いころは子どもを褒めても、成長するにつれ叱ったり注意したりするほうが多くなりがちで、それが自尊感情に影響しているのではないか」と分析しています。 調査結果を受けて、東京・渋谷で高校生に話を聞きました。 友達と遊びに来ていた高校1年生の女子生徒は、「何に対してもネガティブで、やる前から自分にはできないと思ってしまいます」と話し、調査結果については「周りを見ると自信がない高校生は多いと思います」と話していました。 また、高校3年生の女子生徒は、「友達と話していて相手の嫌な部分が見えるとその気持ちが態度に出てしまうことがあって、そういうときに自分はダメだと感じます」と話していました。 また、高校1年生の男子生徒は、「勉強でよい成績が取れないと落ち込む友達など、自分をダメだと感じている子は周りにもいます。自分自身はコミュニケーションが苦手で、人に話しかけられないことがダメだと思ってしまいます」と話していました。この男子生徒の44歳の父親は、「私の世代は1つのことに夢中になって過ごしていたので自分をダメだと思うことがなかった気がしますが、今の高校生は周りと比較してダメだと思ってしまうのかもしれません。もう少し自信を持ってほしいです」と話していました。